ほほえむ日記

初心者ブロガーが、自由気ままに綴っていきます。

式姫が行くProject Ozone 3。4回目

~ 注意 ~
式姫は、株式会社アピリッツの登録商標または商標です。
また、スマートフォンですと正常に表示されない時ありますので、現在対策を模索中です。


黄昏の森脱出プロジェクト(前編)

登場人物

もふもふ尻尾が特徴の、マスコット的なかわいい式姫。Minecraftの世界に入ってしまったため、Mod Packの進行係となる。
一部の工業化Modを少しかじっているので、工業化Modの簡単なところは自力でどうにかできる。
主の影響で軽度の脳筋になっている。

知恵の神様。飯綱が入り込んでしまったものとは別の端末でModを触りながら、現世から飯綱の補助を行う。
最近は槍技が使える程度まで身体が筋肉質になったそうだ。
主の影響で煮詰まったら物理に走る癖があり、そのためレベルだけは異常に高い。

今回より登場。二人を見守りながら、天の声とあとがきを担当する。
本来カンペを読むだけだったが、しっかりとした解説のために別端末のProject Ozone 3に立ち向かっている。
主の気合と根性で、主の影響は皆無。主は今日も浄化される。


f:id:asama-fujimasa:20190521104228j:plain
f:id:asama-fujimasa:20190521104225j:plain

ああ、黄色いお花さんかわいいねえ。

飯綱ちゃん、戻りましたよ。
って、この水溜りは……確か、The Twilight Forestに行くためのポータルでしたね。
今から行くのでしたら、ポータルを開くためのダイヤや装備等の準備はできているのですね?

思兼様お久しぶりですー。
飯綱はすでにポータルをくぐってTwilight Forestにいますよー。

えっ?
ということは、ポータルを破壊してしまったのですか?!

そーなんですよー。
整地しようとしてGrass Blockを一括破壊したらポータルもやってしまいまして……。

落ち着いてください。
破壊してしまってもここに来るときのようにダイヤを投げ入れたらまた開通しますよ。

思兼様ー。ポータル開通条件も改変されているんですよー。

……ダイヤではない、ということですか。
まさか、ネザースターですか?

倒したら絶対に手に入る楽なものじゃないですよー。
まぁ、倒す労力と比べたらまだ楽ですけど……。

でしたら、お空の上で進めたときと同じように、こちらでも同じように作れば良いじゃないですか。
面倒だとは思いますが、何もない場所と比べたら進めやすいと思いますよ。

それもそうですね。
頑張ってやってみます!

その調子ですよ。


Glimmer Crystalはどこで眠る

では、ポータル開通には何が必要になるのでしょうか

Embers RekindledというModのGlimmer Crystalというアイテムが必要になります。

Embers Rekindled……。外つ国に伝わるドワーフを元にして作られた魔術系のModで、装備の修理・改造機能や、鉱石倍化の施設やアイテム・液体運搬用のためのアイテム・ブロックが追加されますね。
専用の動力やGUIを持たない装置、動作に癖があるといった手間がありますが、直感的に触っていくため、一度ハマればとっつきやすいModですね。

その動力を得るためのアイテムが、岩盤の近くで専用の発掘機を動かさないと手に入らないのです。
動力を使って専用の施設を動かしてこのModのアイテムを作っていきますが、最後までModを進めなくてもある程度施設が揃うと、Glimmer Crystalが作れるようになりますよ。

なるほど。ここまでで、黄昏の森のポータル開通のアイテム入手までの流れを簡単にまとめますと……
1:動力生成施設を作る。
2:専用のアイテム生産施設を作り、Glimmer Crystalを生産。
3:開通。
……ということでよろしいですね?

はい!
ということで、まずは動力をどうにかしますね!


ここ掘れEmber

f:id:asama-fujimasa:20190521104222j:plain
f:id:asama-fujimasa:20190521104220j:plain

ふぅ。

飯綱ちゃん。9チャンクも掘り抜く必要は無いはずですが……?

えっと、準備運動に整地してたら止まらなくなりまして。

だからと言ってピッケル一つで9チャンクはやりすぎです! メッですよ!メッ!

えへへ……。
でも、元々探していた鉱石は見つけたので、Twilight Forestでの目的は一旦果たしましたよ。
それはまた今度見せるとしまして、まずはAtmospheric Gaugeというアイテムを作りました。

チャンクごとに、動力生成のアイテムを入手できる効率を表示するアイテムですね。
針が右に振れたチャンクほど、該当のアイテムが発掘しやすくなります。

これを使って、適当に振れたチャンクを見つけましたので、岩盤まで掘りました。

ところで、別に右に触れていなくてもよいのでしょうか?
こっちでも試そうと思いますが……。

効率が悪くなるだけだと思いますので、どこでも発掘できるかもしれないですよ。

なるほど。最高効率じゃないとはいえ、どこでも手に入るのであれば数で押せば良い話ですからね。

工業は物量ですよね!
そして、そのチャンクの岩盤周辺を軽く整地して、なんだかんだで色々置きました!

f:id:asama-fujimasa:20190521104301j:plain
f:id:asama-fujimasa:20190521104259j:plain

Embers Rekindledは魔術のはずですが……。そして、端折りすぎです。
すでにGlimmer Crystalを作る施設まで作ってどうするのですか?

あんまりちまちまやってますと進まないので、サクッとやっちゃいました☆

ここで少し補足を致します。
この施設全体を作るまで、サクッとではない時間を要しております。
画面の前の皆様は、無理のないように少しずつ進めましょう。
以上、天の声でした♪

どこから声が……?とりあえず、他の施設は後回しにして、Ember Boreについてですね。
Ember Boreは、このModの動力を生成するアイテム『Ember Shard』と『Ember Crystal』を発掘するブロックです。
石炭や木炭を搬入すると、副産物とともに掘り出します。
Ember Boreに限らず、このModは1ブロック以上の大きさを持つものが多数存在するので、設置には注意が必要ですね。

飯綱は整地の際に、木を伐採して手に入れたCharcoalをブロックにして、Hopperのアップグレードを取り付けたItem Barrelから搬入しています。
あと、Ember Boreを始めとした一部のブロックは、『Mekanikal Block』を置くことで搬入と搬出の面を増やすことができます。

f:id:asama-fujimasa:20190521104256j:plain
f:id:asama-fujimasa:20190521104254j:plain

動作の癖の一つで、一部の施設は『搬入出面が共有されている』ため、必要に応じて搬入出面を増やさないといけませんね。
では、アイテムが揃うまでしばらく休憩しましょうか。

はーい!

つづく。


あとがき

ごきげんよう咲耶です。
主様はお忙しいので、今回より咲耶が代理であとがきを務めることになりました。
よろしくお願い致します♪

さて、今回はTwilight ForestにおけるEmbers Rekindledの準備について少し補足を致します。
Ember Boreを作るまでに様々な素材が必要になりますが、その内、『Lead Plate』を作るまでが少し問題になります。
はじめは、『Mekanism』の『Armored Jetpack』を活用しつつ、近くにあった小さなHollow Hillsを探索したり、ポータルのほぼ真下に合ったスポナーを掘り当てる勢いで、手作業による露天掘りを行ったりしました。
しかし、鉛の鉱石が見つからないため、お空の上のようにSieveを使いました。

というのも、露天掘りをして気がついたのですが……。
Project Ozone 3のTwilight Forestは、Hollow Hills等一部を除いて、『大半の鉱石の生成率が極端に下げられている』または『生成が切られている』状態みたいです。
つまり、『Twilight Forestはお空の上と同じで、必要となる資源が無いと言っていい状態』ということになります。
結局は、お空の上でEmbers Rekindledを進めているようなものですね。

鉛が手に入った後は、金属板への加工のために『Magneticraft』で追加される『Stone Hammer』と『Crushing Table』を作りました。
これらは、金属を右クリックで何度も叩いて板にする以外にも、色々加工ができます。
Crushing Tableの作成には『Aluminium』が必要になりますが、SieveでLeadと一緒に手に入れました。
これで、Embers Rekindledの入り口に立つことができました♪

今回はここまでです。
もし、至らぬ所や質問等ございましたら、コメントか主様のツイッターまでお願い致します。
また、内容的に不足している写真があって、後から撮り直しに戻ったりしているため、手持ちアイテム等に矛盾がありますが、そこはおおらかに見ていただけると幸いです。
それでは、またお会いしましょう♪


お借りしたもの

式姫のアイコン:
式姫大全様よりお借りしました。


リンク